は〜ぶしょっぷ香器(こうずき)ご案内

 

 

◎当ショップは食の健康協力店として登録されました。
2004年健康づくりの食生活「栄養成分表示の店」 兵庫県健康生活部・(社)兵庫県栄養士会および「食の健康協力店」 兵庫県三田健康福祉事務所<三田保健所>の推進している制度にも登録されている、健康を考えたメニューを提供する店です。具体的には食塩無添加などもご要望に応じます。

ひょうご食の健康運動協力店


日常のハーブと健康

    オーナー:薬剤師   橋一男                    

ハーブって何ですか?

ハーブと云うと西洋の香りの強い草で癒しの材料のように考えられがちですが、広い意味で薬草であると云うことであり西洋の薬草がハーブで東洋の薬草が漢方だと思ってもらって問題はありません。

そこいらの土手に生えるヨモギ(生薬名ガイヨウ:止血、健胃)も、

ゲンノショウコ(生薬名ゲンノショウコ:下痢、吹き出物、整腸)。

イタドリ(生薬名コジョウコン:寝小便、月経不順)も立派なハーブであります。 「七草粥」は日本古来の薬膳でハーブクッキングです。



西洋で
魔女はホウキにまたがって飛んでいることになっていますがあれは薬草(ハーブ)の束病気の人を治療して飛び回った魔力のある人だったのです。お肉料理に塩・胡椒は常識でしょうが、これもハーブの防腐剤としての働きを期待した物です。刺身のつまやキクなどの添え物も解毒作用を期待した物で食中毒の予防です。この様にしてみると、ハーブは決してよそ行きの文化ではなく、身近な生活様式であることがお解りいただけると思います。何故ジーンズは紺色なのか、、、、毒蛇除けの草木染めなのです。このように人間が古来の英知で自然の恵みを利用させてもらっているのです。そんなの古いと言う前に何故そうなのだろうと考えたとき、新しい何かを体得するのではないでしょうか。

「温故知新」 「おばあちゃんの知恵袋」は決して侮って良い物ではありません。ぎすぎすした現代の人間関係に、ほんの少しだけ心温まる自然の恵みを共有してみては如何でしょう。もっともっと住み心地の良い社会が開けてくるのではないでしょうか。それが今一番現代社会に求められている心の安らぎ、心の癒し、に通じると思います。

ハーブを植えてみませんか?

ハーブってとっても気楽な植物でどちらかと言えば「ほっておいてもらう方が好き」な植物です。ちなみにヨモギに水や肥料をあげている人を見かけたことがありますか?今、世間で云っているハーブは西洋薬用野草と言った方が適切かと思います。ハーブにとって日本の気候で一番つらいのは梅雨の季節です。雨が多すぎて、高温多湿過ぎるのです。彼らはもっと湿度の少ないからっとした地中海気候が好きなのです。太陽と風が大好きで地面は水はけが良く肥料っ気が少なくややアルカリ性の土が好きです。肥沃な畑土でなくて痩せこけた土手がいいのです。しかも出来れば土手焼きした灰分の多いところは最高なのです。土手の上の方で土手焼きしたところがあれば、少し雑草だけ抜いてここにハーブを植えればキット大きく育ちます。是非今年は試してください。そんな土手に植えたら怒られるという方は、プランターにある花と野菜の古い痩せた土をお日様晴れに晒して雑草を取り除いて植えてください。わざわざハーブの土など買う必要は全くありません。新しい「花と野菜の土」は肥料が効き過ぎて良くありません。新しく苗を植えるのは遅霜の済んだ5月連休コスモス頃が最適です。また多くのハーブは挿し芽で増やすことが出来、増やした苗をお互いに交換することで人の輪ニコニコえっにひひを作ってゆくことも出来ます。

ハーブって何に効くの?

ハーブは色々の病気の治療に用いられてきました。最近ではともすれば癒しの目的で用いる物であるかのように思われそうですが、花粉症偏頭痛冷え性肩こりなどにも用いられます。ハーブが人類に用いられてきた歴史は、東西共に約4000年の長きにわたります。合成医薬品が創られ最も長い物でも100年に至る物は殆どありません。

それだけに、ハーブは作用の仕方がよく分かっており、安全だと認識されるのですが、自然の物だから安全だと言えるのではありません。

とっても恐ろしいハーブではトリカブトなどがあります。

ほんの少しここにハーブの効果を列挙してみましょう。

 

効果の例



ハイビスカス:赤い色でクエン酸を含み脂肪の分解サイクルを高め、鉄分補給が出来る。(写真ハイビスカスと称されるローゼルの実:当ショップにて栽培、撮影)

レッドローズ:血行改善を行い、冷え性や肩こり、便秘などに役立つ。

レモングラス:腎機能を高め、老廃物や水分の排泄を促す。浮腫の除去。

ローズヒップ:美肌、薔薇の実でビタミンCがレモンの30倍含有。



カモミール :神経の過敏状態を改善し精神安定を図る。抗アレルギー作用もある。

アイブライト:花粉症で目や鼻に来たとき

セントジョーンズワート:鬱気分の落ち込み

ローズマリー:肌の若返り、気分高揚、脳循環改善

エキナセア:免疫力強化、感染症、インフルエンザ

フィーバーフュー:各種の痛み止め、偏頭痛など

ユーカリ:喘息、気管支のトラブル

ジンジャ(生姜):風邪、消化不良、筋肉痛、つわり

ミント:抗菌作用、抗炎症作用、駆風、消化促進



ステビア:ノンカロリーの甘味料、糖尿の方の治療目的で使用。ダイエットなど

バジル:消化促進、抗菌作用、強壮催淫、虫除け、料理の香味料         (参考文献:ハーブの写真図鑑 他)

ハーブを利用してみよう

ハーブは上述のような効果があり病気の改善のためにお茶にして飲んだり、もう少し気楽にノンカフェインの「香り茶」として用いても良いのです。ただハーブはそれぞれの効能を持っていますので余りやたら滅多多量に用いてはいけません。低血糖の方がダイエット目的でステビアを服用するのは不適切で良くありません。

たくさん出来たハーブは陰干しにして、入浴剤として用いると総じて湯冷めしにくくお肌がつやつやになることが多いです。またハーブをそのまま枝ごと穀物酢に浸けるだけで、美味しいハーブビネガーが出来ドレッシングとして使えます。塩分のない健康・美容のドレッシングの出来上がりです。ミントやローズマリーはオリーブオイルに浸けると香りの良いハーブオイルが出来ます。ミントなどはお掃除の時にばらまいてお掃除すると良い香りで殺菌も出来ます。(生の葉は場合によって白い物を汚すことがあり注意してください。)バジルはたくさん出来てしまった場合は松の実とオリーブオイルを加えペースト状にして冷凍保存すればいつでも美味しいジェノベーゼパスタが召し上がれます。(詳しくはハーブひとくちメモ参照)

植物を植える意義

植物は動物と異なり自分で移動することや声や鳴き声も出せません。植えられてしまった環境・境遇に身をゆだね精一杯生きていこうとしています。

植えた方の責任は大きいのです。動物のペットわんわんなら泣いたり動き回って空腹を訴えることも出来ますが、植物チューリップ黄はじっと貴方が気付いてくれるのを待ち続けるのです。即ち植物を植えると云うことは貴方を頼りにしている存在を造ると云うことになります

これは他者をいかに生かすのか(或いは殺すのか)と言うテーマが出来たと云うことなのです。

年老いてしょぼん他人から頼られることもなく、なんとなくむなしさを感じるとき、優しラブラブく植物を育ててください。それが貴方の生き甲斐にも繋がるのです。貴方の足音を待っている存在が出来たのです。そして、挿し木や株分けで苗を増やし隣人へのプレゼントプレゼントにしたり、「ハーブの潤いのある生活の提唱」をされては如何ですか。

生きることの喜び、生きねばならない責任、明日への希望、生命の尊さがそこには実感できると思います。

古代の人々が自らの命をかけて有用な薬草か極めて危険な毒草を見いだし、後の世の我々にその応用を伝授してくれたのです。

いにしえの文化の中に今まさに有用な知恵が残されていると言えるでしょう。

自然界に学び奢れる心を直し、謙虚に人間の生き様を考える必要のある今日この頃かと感じます。

自然の恵みに感謝しましょう。 (講演要旨より)